気になるシミやニキビ跡は化粧水でエイジングケア

subpage1

朝と夜、1日に2回化粧水を使用する人が多いかと思います。

その化粧水に含まれている美容成分に注目することで、気になる肌トラブルを効果的に改善することが可能です。


肌トラブルにはシミやしわ、毛穴の黒ずみ、ニキビ跡やたるみなど、いろいろな賞状があります。
まずは、自分がどの肌トラブルを改善させたいのか、きちんと把握することが上手なエイジングケアの近道になります。

シミやニキビ跡、そばかすなどのエイジングケアには、美白効果のある化粧水がおすすめです。
美白成分はビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキス、コウジ酸などが代表的です。美白成分の主な働きには、シミなどの原因となるメラニン色素を作らせないものと、できてしまったメラニン色素を還元するという働きがあります。
メラニン色素を作らせないのは、シミ予防に効果的です。使用することで、新たにシミや黒ずみが増えるのを防ぐことができます。

保湿化粧水の評判が高いです。

反対に、メラニン色素の還元は、すでにシミがある人に効果的な作用になります。

NAVERまとめ選びをサポートするサイトです。

上手にシミのエイジングケアをするには、2つの効果のある美白成分を補う必要があります。

ビタミンC誘導体は、この2つの作用を持っている美白成分になります。さらに水との相性も良いため、美白化粧水に配合されることが多いです。
アルブチンはビタミンC誘導体と同じように美白成分として有名ですが、メラニン色素が増えるのを防ぐ成分になります。



シミ予防に効果的な成分なので、20代30代と早めにエイジングケアに取り入れるのがおすすめです。